このページの先頭

京都 ボーイスカウトこのホームページ上のスカウト運動に関する事項は、京都ボーイスカウト振興会の責任のもとに掲載しています。

京都ボーイスカウト振興会のご案内

活動紹介

5月4日夜

サブキャンプ交流プログラム

12345

 


 

2017年5月4日(木)

第64回京都キャンポリーが、滋賀県希望が丘文化公園にて開催されました。

好天の爽やかな新緑の森で、スカウトは思い存分、キャンプを堪能してくれることを願って、スタッフは準備を重ねてきました。

Image_6ef0c71
バスが会場に到着しました。

S_6033581655138

Image_5c85b13

 

 

 

 

キャンプサイトを目指すスカウトたち。さまざまな木々に覆われた森に、さまざまな鳥のさえずりが聞こえます。

 

Image_76f939c
開会式。国旗が厳かに掲揚され、薫風に、はためきます。

Image_d4e7abf
俵藤太が登場、三上山のムカデを退治します。
キャンポリーのテーマは「進め健児(こんでい) 三上山伝説に挑め」。
これは遥か昔、琵琶湖に住む龍神一族の娘から「三上山のムカデに苦しめられている」との訴えに、俵藤太(たわらのとうた)が退治した言い伝えを現代に蘇らせたもの。
スカウトたちはキャンポリー3日目、「バリスタ」を班ごとに作って退治に挑みます。

全員で記念写真、約300人が集いました。
開会式

 


京都市役所前広場にて開催された「京都・まち美化大作戦!」に参加しました。
写真は参加した桂川地区のスカウト、リーダー、団委員、保護者。

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%81%be%e3%81%a1%e7%be%8e%e5%8c%96%e5%a4%a7%e4%bd%9c%e6%88%a6-490x252

写真提供:近藤敏彦(桂川地区組織強化事業委員長)


桂川地区のビーバースカウト~ローバースカウトが一堂に集まり、交流できる機会となりました。
多くの保護者の方も来ていただきました。
総勢、見学者含め290名の参加が有り成功裏に終わりました。

地区のスカウトが一堂に集まることで、互いに刺激を受け、
これからも各団のスカウトがより活発に活動出来るような機会になっていく事を期待しています。

開催日 平成28年10月23日(日)午前10時~午後1時
場所  久世橋西詰公園
対象  幼稚園児・小学生と保護者の方
ゲーム ポイントラリー、野営工作物の展示

%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%88%e5%a4%a7%e9%9b%86%e5%90%88


ビーバースカウト(小学1,2年生対象)のイベントが、2月21日、京都市西京区の桂川緑地離宮公園で開催されました。
ビーバースカウト達の元気な笑顔をたくさん見る事が出来ました。

6つのゲームコーナーをめぐり、さまざまな体験をします。
まずは「魔法のほうき」を作り、「魔法のトンネル」をくぐって、魔法学校へ。 「ハンドパワーでぶっ飛ばせ」「とうめいマント」「じゅもんをあぶり出そう」「きえたものは?」と いろんな魔法のコーナーを楽しく回りました。
会場内では、魔法学校の先生に扮したリーダーが点在し、呪文や合言葉を言ってシールを集めていました。
ミニモンキーブリッジも大変人気がありました。

参加者
スカウト・・・・・・62名
見学者・・・・・・・19名(団からの紹介者)
リーダー・・・・・・35名
保護者・・・・・・・49名
地区委員・奉仕者・・22名
一般参加者・・・・・・8名(土曜塾・市広報誌を見て)
合  計 ・・・・・195名

主催 日本ボーイスカウト京都連盟 桂川地区

開会式

開会式

魔法のほうき

魔法のほうき

ハンドパワーでぶっとばせ

ハンドパワーでぶっとばせ

とうめいマント

とうめいマント

じゅもんをあぶり出そう

じゅもんをあぶり出そう

きえたものは?

きえたものは?

ミニモンキーブリッジ

ミニモンキーブリッジ

全員集合

全員集合

■ボーイスカウトの活動は学校でもないスポーツでもない。「遊び」を通じて「社会のルール」に気づき、「進んでよいこと」のできる人づくりを目指しています。未知の体験にチャレンジして、わくわく・どきどきしながら達成した喜びは、お子様に自信とやる気が湧いてくるきっかけとなります。